天然木リグナムバイタのネックレス(ループ組紐)

ペンダントトップのリグナムバイタ(28mm珠)は「生命の木」と呼ばれ、世界で最も硬く、重い材として知られて います。きわめて硬質で油分を保有することから、かつては船舶スクリューのシャフトのベアリング材として、古くからよく知られています。加工が困難であり、金属加 工用の切削材を用いるほどです。その特性から、印鑑、アクセサリー、古くは船舶スクリューのベアリングに利用されています。

ループ調整用にも、カラーにあわせた天然木珠(20mm珠:1個、14mm珠:2個)を3個使用しています。

ネックレスに使用されているのは、東レシルックをくみひもの技術でくみあげた日本製の紐をループとしています。です。軽く、なめらかで色あせや服への色移りも心配ありません。
ループくみひも長さ:約80cm

※上記はループくみひものためのサンプル品です。木珠などの組み合わせは実際の商品とは異なります。

ループの長さ調整や、木珠の位置をずらすことで首周りだけでなく、シャツなどの上から着用いただくこともできます。

※先端のテープはご使用の前にお外しください。
販売価格 32,000円(税込34,560円)

ジャンルから探す

希少銘木から探す

コンテンツ

ショップについて

オーナー:藤原 茂樹
営業時間:10:00〜17:00
土日祝休み

沙羅双樹HP”></a>沙羅双樹ホームページ:<br><a href= https://sarasoujyu.jp/

自身も虜になった世界の銘木を吟味し、近江八幡の伝統技術で一粒一粒まんまるの真球へと磨き上げています。数珠ですと、宗教や宗派に影響されますので、敢えて『身につけるもの』としてブレスレットやアクセサリーにしています。仏閣や神社には「御神木」がありますし、木には神霊が宿るともいわれます。丁寧に仕上げた沙羅双樹の木珠には八百万の神々が宿っているように私には思えるのです。みがき輝いてる私共の木珠。是非一度手にとって欲しいです。